このサイトの使命

--平和なエコエコノミーの創造

地球上のどこに住まおうが、人間生存の土台を覆しかねない5つの危機が、進んでいます。

 第1に、この惑星が温暖化局面に入って1万年余が経ちました。この間に大量の氷が溶け、60メートルも海面が上昇し、氷河はフィヨルドに変わり、陸地は大きく縮小しました。加えて数十年前から、人為的原因によって温暖化が加速する時代が始まったのです。異常気象が、貧困化に苦しむ紛争多発地帯を直撃しています。

 第2 に、新型コロナウイルスが生物界から人間社会に侵入し、世界的規模の疫病(パンデミック)危機に見舞われた問題です。地球上に生きる哺乳類の総重量11億トンのうち27%をヒト、64%を家畜が占めるに至り、野生動物の重量比はわずか9%に激減しています。疫病禍の根底には、野生動物の家畜化、人口増、生物多様性の減少、ヒトの高速移動と密集化の問題があるだけに、グローバル資本主義のシステムを維持する限り、疫病は繰り返し出現し、深刻化する恐れがあります。どうすればこの種の疫病に負けない社会を作れるのでしょうか。

 第3に1980年代を転機に「新自由主義的な改革」が進みました。資本主義経済は「修正資本主義=福祉国家」のタイプから19世紀的な「むき出し資本主義」の時代に逆戻りする様相を深め、貧富の格差が広がるようになったのです。実際、米国では最富裕層7 名の資産が、下位半数の1.6 億人の資産総額に,世界全体では最富裕層42 名の資産が、下位半数の37 億人の資産総額に匹敵するに至っています。超格差社会は、デフレ不況を深刻にします。社会連帯の絆を切り裂き、戦争や温暖化の防止も難しくします。労働の生産性の安易な上昇は大量の失業者を生み出すだけ。「人間を失業させるのではなく、エネルギーのほうを失業させる」エコ産業革命が実現できるかどうかに人類の未来がかかっています。

 第4に、宇宙規模の核戦争を阻止し、核兵器を廃絶し、非暴力的な道を通って、平和な社会に移っていくことはできるのか、という問題です。 20世紀末、ソ連などの異質な社会を排除・解体するという第2の総力戦に勝利した後の米国の支配層の間に、宇宙をベースとする新型戦争システムを動員すると、中東の石油資源国の制圧は容易だし、米国による世界支配は安定すると夢想するグループが台頭しました。この戦略をイラクやアラブ世界の反米勢力の転覆のために発動し、イラク・中東戦争を仕掛けます。しかし彼らの起こした戦争は失敗に終わり、逆に中国・ロシア・イランを相手にした宇宙規模の核軍拡競争を招く結果となりました。もし新型の核戦争が天空で起こったならば、地上電力網の全系崩壊がおこるでしょう。原発の炎上と連動すれば、文明崩壊の恐れさえあります。

 第5に、ヒトの「自己家畜(社畜)化」に起因する、一連の問題です。教育の市場化が進み、「自己家畜化」に向けた「飼育」を受け続けた結果、動植物と会話する能力を失った人、わがイノチを「コモン」(社会の共有基盤)とは思えず、私有財産と考えて閉塞してしまう人、自殺・自傷に走る人、神経過敏症やうつ病の人が増えました。免疫異常、肥満、心臓疾患といった不健康も蔓延しています。共同体(家族や地域社会の絆)の解体が進んだ結果、親しい人に看取られずに死んでいく人が年間10万人に達しています。コロナ禍の下、各地の老人施設は孤立し、このような悲劇は加速しています。

 莫大な軍事費を投じても、平和づくりが進まないのと同様、莫大な教育費、ケアや医療のための費用を投じても、健康づくりも人間の成長も難しくなってきたのです。共同体とコモンを再生し、野生の免疫パワーを蘇らせ、コロナ禍に負けぬ、自己治癒力と生殖・育児の能力に富む、健全な市民を育てていくには、何をすべきなのでしょうか。 どんな社会を目指して、どのような運動を興したらよいのでしょうか。そのための大きな海図を描き、信頼できる羅針盤を作り出すことを、このサイトの使命としたいと思います。

 

ハワイ在住の画家・小田まゆみ 作